建物の劣化状況状を把握し、適切な時期に修繕工事を実施することで、「美観の低下」「外壁材の剥落」「雨漏れの発生」を防止・改善できます。

建物は、構造や立地条件・環境によって劣化具合はさまざまになります。10年~15年に一度を目安に大規模修繕の実施が推奨されますが、建物劣化診断をすることで適切な時期や修繕内容を明確にすることができます。

防水工事を中心の20年間で培った経験と技術力で建物の「下地補修・処理」を重点項目とし、その上で「現場施工する会社」ならではの目線で実施する「仕上げ施工」で、建物の資産価値を維持・向上します。

これまで官公庁発注案件や民間企業様、一般のお客様からいただいた修繕工事案件を数多く施工してきました、また下請け業で経験してきたノウハウを活かし、お客様の日常の負担を極力軽減しつつ、安全でそして円滑な工事を実施いたします。

外壁劣化のチェックポイント

①ひび割れ・エフロ

コンクリートやモルタルは、乾燥する過程で収縮することをご存じでしょうか。

そういった収縮や地震のゆれなどによって、建物にはクラック(ヒビ割れ)が起こります。

クラックから雨水や炭酸ガスが侵入すると、内部の鉄筋が腐食して膨張し、コンクリートやモルタルが欠けたり鉄筋の爆裂が起こったりする原因となります。

②タイルの浮き剥がれ

外壁の動き・乾燥収縮・雨水の侵入・新築施工時の状況等様々な要因でタイルの接着力が弱まり剥離してしまします。放置しておくと外壁の剥落・落下事故等につながります。

③防水の膨れ・シワ・破断

防水の劣化による不具合は雨漏れの原因になります。

破断等が見受けられる場合はすでに雨漏れが発生していることもあるので、被害が拡大する前に補修・改修等の処置が必要です。

④塗装の膨れ・剥離・チョーキング

ひび割れや塗装背面から侵入した雨水の影響や湿気等で表面塗膜が膨れてしまうことや、剥離してしまう現象をいいます。

チョーキングは紫外線や風雨の影響で塗装材表面が劣化し粉状になる現象です。

⑤鉄部のサビ

鉄部の発生は、強度や安全性が低下し、また鉄部のサビが発生していることで建物全体の美観を損ないます。

⑥シーリングの破断・収縮

紫外線や風雨の影響で、シーリング材が収縮したり硬化することで破断等の不具合を起こします。 防水機能や建物の追従性を損ないますので放置はできません。

⑦外壁の汚れ

油分やほこりの付着、錆汚れやカビ・苔の発生により外壁が汚染されている状況です。

⑧コンクリートの鉄筋爆裂

コンクリートの中性化で内部の鉄筋が錆びて膨張し、コンクリート表面を押出して破損させる現象です。 放置すると損傷が広範囲にわたったり躯体自体の強度低下につながります。

お気軽にお問い合わせください

株式会社アースリー

0120-57-386

月~土8:00-19:00

マンション・アパート・ビルの大家さん、不動産管理会社、企業店舗オーナーのみなさまへ。

建物の内装・外装リフォーム、大規模修繕工事をご検討の方は、無料建物診断をご依頼ください。