改修工事における「ウレタン塗膜防水材」の優位性をそのままに、“短時間の指触乾燥硬化”、“優れた塗膜物性”、そして専用システムの機械施工による “安定した品質”を得たものが「超速硬化ウレタン」です。

スプレー
飛散防止ドーム養生
スプレー
超速硬化ウレタン吹付
折板屋根施工(圧縮空気混入低比重)
GETシステム
商業施設屋上駐車場改修
駐車場専用工法

ゲットシステム

ゲットシステムは、衝突撹拌方式による超速硬化ウレタンを圧縮空気の混合により微粒子化させて防水層を形成するシステムです。

ウレタン防水の低比重化(軽量化)に成功し、従来の超速硬化ウレタンと比べて使用量は同じでも厚みを増した塗膜を形成する、新発想の防水システムです。

JIS A 6021の規格値以上の物性を確保し、信頼性と経済性の両面を持ち合わせ、付随する様々な性能によりウレタン防水の可能性を大きく広げます。

特徴1 高い被覆性能(ピンホール抑制効果)

通常の塗布型ウレタンや超速硬化ウレタンは、下地に巣穴等がある場合ピンホールやへこみが発生しやすく、下地はポリマーセメント等で平滑な面をつくる必要があります。ゲットシステムは被覆性能に優れるため、平滑処理することなく防水層が形成できます。

特徴2 優れた吸音性

クッション性があり、従来のウレタンやシートに比べ吸音性に優れます。

■試験方法(JIS A 1418-1):
「建築物の床衝撃音遮断性能の測定方法」
(第一部 標準軽量衝撃源による方法)より

■試験体:
①コンクリート t=180㎜
②超速硬化ウレタン t=2.9㎜
③ゲットシステム t=2.3㎜
④塩ビシート t=1.5㎜

特徴3 遮熱性能の付加

高反射トップコートと組合せた場合、圧縮空気により一層の遮熱効果が得られます。

■試験方法(自社評価):
試験対に赤外ランプを照射させて、所定の表面温度に調整する。
定常状態となってから、試験体の表面・裏面の温度を測定する。
表面温度:90℃

■試験体:
①超速硬化ウレタン 厚み3㎜
②ゲットシステム 厚み3㎜
両試験体ともに仕上色を標準的なグレー仕上げと高反射トップ仕上げにて比較

駐車場部分補修工事施工例

施工前状況
既存防水層撤去状況
施工般外取合い縁切り(目地切)
下地表層機械研磨・目粗し
下地ひび割れUカット(目地切)
ひび割れUカット完了状況
プライマー塗布状況
ひび割れUカット後 シーリング充填
吹付専用機械
吹付作業(小面積の為 飛散防止籠養生)
駐車場工法吹付完了
トップコート塗布
区画ライン復旧
駐車場部分補修工事 施工完了

お気軽にお問い合わせください

株式会社アースリー

0120-57-386

月~土8:00-19:00

マンション・アパート・ビルの大家さん、不動産管理会社、企業店舗オーナーのみなさまへ。

建物の内装・外装リフォーム、大規模修繕工事をご検討の方は、無料建物診断をご依頼ください。